宇土市の行政書士事務所

宇土市内で遺産相続に強い行政書士をお探しなら。

遺産相続など法律の関係する問題では、まず弁護士を思い浮かべる方も多いと思います。

 

では、行政書士が扱う法律関係の業務は弁護士とどこが異なるのでしょうか?

 

弁護士は依頼者の代理人となって相手方と交渉を行なったり、法廷では訴訟代理人として弁論をします。

 

一方、行政書士は依頼者がご自身で問題を解決したり、ご自分で目的を達成できるよう専門的なサポートを行なうことが主な役割となります。

 

例えば、依頼者がしっかりと権利を主張できるよう法律文書を作成したり、解決に向けての法律面のアドバイスを行なったり、依頼者が手の回らない部分で調査や提出を代行して行ないます。

 

具体的には、遺産相続の手続きや遺言書の作成に関して、行政書士は以下のようなお手伝いができます。

 

  • 相続についての基礎的な法律知識を説明する
  • 相続手続きの進め方をアドバイスする
  • 相続関係を証明するための戸籍謄本などを依頼者に代わって集める
  • 相続関係を説明するための図を作成する
  • 遺産の預金を依頼者に代わって調査する
  • 遺産の不動産を依頼者に代わって調査する
  • 生命保険の請求に必要な書類を依頼者に代わって集める
  • 遺産分割協議を上手に進めるためのアドバイスを行なう
  • 依頼者に代わって他の相続人に手続き書類を送付し説明する
  • 名義変更の手続きをサポートしたり代行したりする

 

しかし、関係者の間で揉め事が起こり、訴訟にまで発展しそうな場合は行政書士がサポートできる範囲を超えてしまいます。

 

あくまで当事者の間で円満に解決可能な法律問題について、専門家の立場で支援を行なったり、仲介役となるのが行政書士の役割です。

 

宇土市の行政書士事務所では、遺産相続の手続きや遺言書作成の支援を中心として、他にも「家族信託」や「成年後見制度」など家庭内での法律事案を専門としています。

 

宇土市内や近郊からのご依頼に対応いたします。

 

法律に関することは何かと分かりにくく、書籍やインターネットなどの情報だけではすっきりと解決しないことが多いものです。

 

不安に感じることがございましたら、まずはお気軽に宇土市の行政書士事務所にお電話ください。

 

ご相談をお待ちしております。

 

 

お問い合わせ・ご相談はこちら




メール24時間受付中→

お電話は xxxxxxxxx へ

営業時間 月〜金 午前9:00〜午後18:00